アトリビューションを核にしたネット広告代理店をやっています

「エッジ」の 効いたことをツラツラ&さくさく考えて参ります。 最近はFacebook(フェイスブック)・ツイッターの使い方もコンサルしてます! キャッシング比較のサイトやメディア事業も100サイトを越えました! SEOの本質も常に検証しながら、クライアント様にご提供しています。

May 2006

久々弊社をバックアップしていただいている

方たちとKickOFFでお会いしました。

いつも言われるのは、「勢い、感じますね!」とか

「なかなかいい会社だねぇ?」とか。。。

社長として社外の方たちにそう感じてもらえるのは

かなり嬉しいことです。

でも、このKickOFFですが3ヶ月毎に感じることは

本当に全セクションが一生懸命取り組んでいると言う事ですね。

また、3ヵ月後にそう感じられるよう、まずは何から始めようか!

また、もう一つは弊社スタッフ誰一人とっても

会社にぶら下っている人は居ないということです。

超筋肉質のこの組織であれば、たくさんの事を可能にできると

社長として本当に感じています。

また、今回から弊社独自のマーケティング技術について

概要をみなさんにお話しました。

これから関係していくクライアント様に続々と提供させていただきますので

楽しみに待っていてくださいませ。

これはWebを真剣に取り組んでいる全企業に

絶対必要な技術というか、概念ですから

数社お話してきたクライアント様の感触は本当に絶好調!って感じですね。

出来る限り営業に同行して、しっかり説明していきたいと

思っています。。。っていうか、凄く楽しみ!ですね。

では。

さくさく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

事業をいろいろと動かして行く際に

重い事を思案するのは、実に疲れます。

もっとライトに考えたりできればいいのでしょうけど。。

でも、この前のウェブ進化論でもそうだし

ある意味前からそうでした。

このIT業界でも、単なるマネ事なのか

一から本当に便利で必要とされる

そんな事業を考えるのか?

そんなに簡単にできる訳がない。。

Googleの創業者たちも、相当な頭脳集団達が

相当考え切磋琢磨して、ここまで展開してきた

訳ですから。。。

よく考えていない人間程、ビジネスを安易に語り

都合の良いところだけ影響されている気がしてなりません。

昔、私が20代の時、投資会社のコンサルの人に言われた一言。。

「お金の心配はしなくていい。私たちがいるから。。
 
 社長の会社でしかできない、事業の話を聞かせてください!」

毎月、資金繰りしながら必死にやっている私を相手に

こんな一言を言われてしまった。当然一瞬フリーズ。。

「お金のことを考えず、一体、何を考えるんだ!」

「うちの会社にしかできない、事業って?」

本当に深い一言だった。。でも、だから今自分がこうやって

やれている気がする。

今の20代の人はどうだか知りませんが

事業は無茶苦茶奥が深い。そんな安易でライトナものではない。

とても重い。毎日毎日、考え、やっと自分にしかできない

事業を展開できるんだ。。

その一言を言われてから10年経ちました。

なんか、最近ライトな感じで「これ、儲かりそうジャン!」とか

「ちょっと、経営してみますよ!」くらいの話を聞くと

「そうじゃないんだけどな?。」って感じること

たくさんあります。

つらつらビジネス語られることを、自然に嫌がっている自分が

いるのだとも思います。

競合先のネット専業広告代理店もたくさんありますが

「Googleのように、こりゃ!すげぇ!」って感じる会社

私には正直に言ってそんな脅威に感じる競合先はありません。

また、そういうカリスマ社長だかよく分かりませんが

講演も全く興味ありません。

自分の道をしっかり、この10年考えて来た訳ですから。。

あとは、焦らず実践あるのみです。

今日は年度末のKickOFです。

来期もがんばります。

では。

さくさく。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1人をいかに2人にするか。。。

100人訪れる中で1人獲得したら、

みなさんだったら、2人にするためには

どうしますか?

普通だったら200人が訪れるように

すれば、2人獲得できると考えますよね?

でも、それじゃ?脳が無いって

思うんです。。

また、200人訪れるようにするには

それだけのリスク(最低2倍)に

なる訳ですから。。。

本当だったら、

最初の1人は100人訪れて獲得したと

すると、確率は1%です。

だったら、次の1人はそれよりも確率が

上がらないとまったくノウハウが生かされて

いないことになる訳です。。

次の1人は50人で獲得し、

次は30人ってことにならないと

駄目だと思うんです。。。

クライアントさんが本当に考えて

悩んでいることに答えまくりたいと

思います!

では。

さくさく。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私たちの会社で

圧倒的差別化が用意できました。

詳細は語れないけど

それはクライアントページに訪れている

ユーザーのこと。。

ネットだから可能な対策、

みなさんやってません。はっきり言って。

超効率を求め、弊社経由で広告の露出をして

弊社やほか代理店も含め

出稿した広告経由でクライアントさんの

ページへ来訪したユーザーに対して、

以降徹底的アプローチをかける。。

そんなサービスを日本で初めて近々リリースしま?す!

・・・っていうか、既存クライアント様には

どこの競合企業様より先にご堪能いただけます・・。

「広告費は増える一方で、ユーザーの落下率も相変わらず。。。」

「せっかくページへユーザーが来訪しても、成約率が低い」

こんなクライアントさんがほとんど!(お任せください!)

「人がなぜ?衝動に駆られるのか?」

「なぜ?駅前でチラシじゃなくてポケットティッシュを配るのか?」

先端のテクノロジーやそのリリースにばかり

振り回されている業界若者たくさんいますが

本来の本質をしっかり深く考えないと

本当の大切なことに気がつきません。。

さーて、クライアントさんの笑顔に

会える日も近いなぁー。。

楽しみ楽しみ!!

では。

さくさく。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

さてさて

やりたい事、たくさんあります!

粛々と取り組んでいたいと思います。

読まれた方はわかると思いますが

「こちら側」でなく「あちら側」について

考え取り組んでいきます。。

Web進化論、面白かったなぁ。

単発ではなく長く太くお付き合いしていく

ことが何より大切だし

そのためのたくさんのヒントを

USAで感じた気がしますね。

そういうことに向かった体制や雰囲気や

仕組み作りについて

この1週間程度で考え、具現化し

来期への計画を策定したいと

思います。。

では、今日からがんばります!

さくさく。。

※完璧時差ぼけっす。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こちらのMediaPlex社は年商25億円くらいで

営業マン4人(本社だけで)しか

いないそうです。

その代わりAcountMrgという営業アシスタントが

12?13人と

カスタマーサポートが15人くらいは

居て、ほかに各責任者や

技術チームなどがおります。

中長期的にしっかり取引を深めていくのが

弊社の強みと言いながら、

少し今まで違った方向で進めてきた

ようにもこちらに来て感じました。

組織を縦割りではなく横割りでもなく

もう少し複雑にはなるけど

柔軟性のある体制やチーム作りなども

必要なんだと思いました。

また、こちらは1年半くらいの勤続年数の

スタッフがたくさんいました。

ステップアップの一環として

職場を切り替えていく意識が高いからだ

そうです。

また、会社側も「その人でなければならない」的

仕事の振り方をしていないようなので

こういう点にやりがいを感じて仕事を

することができない。。というのも

ステップアップに割り切る要因なんだと

感じました。。

休みが少ない代わりに労働時間を

短くする方がいいのか、

あるいは休みを多くして労働時間を

長くした方がいいのかも

少し考えさえられた点です。。

また、ふと感じたのですが

仕事に対しての情熱や真剣さは

決してUSAにJapanは負けていない

ということです。

当然ながら、普通にやっていれば

勝って当たり前くらい、違いますね。

ただ、同じ市場で競争できることが

条件ではありますが。。

いつか、USAで競争できるよう

同じ市場のPublicCompanyになることも

目標に追加してこの先がんばっていきたいと

強く思いました。

では。

さくさく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

やっぱり日本人なんだな?。

ラーメン食べた病ですな。。困った

ま、そんなことはさて置き

昨日は今までのトレーニングに基づいた

質問や具体的対策やこちらの会社の

営業状況などのMTGを実施しました。

なんか、6月からスタートの検索結果連動

テクノロジーサービスがあることがわかり

結構感激です!

また、ランチは前職バリュークリック時代に

一緒に働いていたシステム部長の

ロドニーさんと再会を祝して

流行のレストランに行ってきました。

相変わらず、めちゃくちゃ日本語がうまい!

44484e1e.jpg


また、夜は今回同行している増田さんと

イチローが宿泊するというウェスティンホテルで

慰労も兼ねたディナーMTGもしました。

何か、ウェイターがエンターテイナー的行動で

二人で大笑い。。。

89b928b6.jpg


結構、食べることが好きな私ですが

実は結構萎えておりまして

食事に手がつかない状況です。

あ?、宮城とホープ軒の大盛ラーメン

食べに行ったのが懐かしい。。。

では。

さくさく。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いろいろと考える時間が

幸運(みなんさんのおかげです)なことに、

結構あります。。

今訪問しているUSAの会社の役員クラスは

私たちの実績にすごく耳を傾けます。

浮ついた人はこのシリコンバレーには

たくさんいるからなのかも知れません。。

今、感じることは、堅実にかつ大胆に

やって来たことは間違っていなかったと

いうことです。

USAではLexusが非常に評価されています。

Fordなどの歴史のあるUSAの自動車メーカーは

たくさんありますが、なぜ、評価されているのでしょうか?

んー。。。

浮ついた考えは、クライアントさんにもたくさん影響します。

私たちWeb広告代理店としては

どうやったらFordではなくLexusになれるのか

Webを駆使して、堅実かつ大胆に提案することが

望まれるのでしょう。。。

やったことも無く、適当に言葉だけで

それっぽく語りかけても

クライアントさんは必死ですから

全て見通されるでしょう。。

USAをはじめとして世界で通用するためには

派手なPlayよりイチローや松井のように

自分の差別化をしっかり意識しながら

堅実に地道に大胆に取り組まなければ

それ以上の近道は無いように思います。

このことが分からない人は

ちょっとした成功ですぐに天狗になります。

私もそうだったかもしれませんが、

ちょっと醜いことのように感じてなりません、ね。

残念ですが、こういう地に足を付けた

考えができる若者(20代・30代)の

ビジネスマンは本当に少ないようにも

こちらに来て感じます。

いつか、USAのビジネス界で

「あ?、Deeperのマツシマね。知ってる!知ってる!」って

言われるよう

真意と雑音をしっかり棲み分けながら

日々過ごしていたいと

思います。

では。

さくさく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

さすがに似非外人って訳にいかなくなっています。。

日々360度、USAのスタッフに囲まれ

男子は一見K1選手なみの人も居るし

女子は堀が深い女優みたいな人も居るし。。。困った

昨日はMr.AndrewとMs.Heatherと弊社Ryokoと私で

ディナーMTGに行きました。

笑ってるだけで95%、言ってることわかりませんから。。困った

54b2868b.jpg


また、オフィス写真も追加UPします。

f477b159.jpg


b2bd6eb6.jpg


d3134cdf.jpg


fd6d396d.jpg


856bf1b0.jpg


いやー、思った以上の弊社のことに

興味あるみたいで、そういう意味ではいい感じです。

なんか、今回来て成功だったと実感できた

一日になりました。。びっくり

では。。

さくさく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

とりあえず、第一弾!

サンフランシスコは湿気もなく

すごし易い!

まずは、会社ロゴ。。発見!!


09a97cab.jpg


オフィスから全面海!!すごいきれい!


33d1c05e.jpg


また、オフィスの中もかっこいい!


97750289.jpg


また、UPしますけど、私たちの業界は

海外の刺激をいっぱい受け

新しいビジネスアイデアを

考えるくらいでないとやっぱり駄目だと

痛感しております。

売り上げ貢献した人材は

短期間、出張ってのも

ありかも。。。と思ったりしております!

では、また!

さくさく。。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ