アトリビューションを核にしたネット広告代理店をやっています

「エッジ」の 効いたことをツラツラ&さくさく考えて参ります。 最近はFacebook(フェイスブック)・ツイッターの使い方もコンサルしてます! キャッシング比較のサイトやメディア事業も100サイトを越えました! SEOの本質も常に検証しながら、クライアント様にご提供しています。

September 2006

サンフランシスコへ行って来ます。

本当は今月中に何とか渡米する予定でしたが、

いろいろとありまして、遅れてしまいました。

アメリカと日本の距離を感じているようじゃ

Webのマーケティングの世界でやっていけませんね。。

5月以来だから、4ヶ月ぶりか?。

相当中身が濃すぎて。。時間を感じ味わっている余裕も

ありませんでしたね、この4ヶ月間。

6月から、行動リターゲティングを開始してから

なんかこの業界も相当に激変しました。

YahooさんやDACさんなど続々とアクション開始しています。

どちらにしても、これくらいの加速が大切なのでしょう。

自分の今までの経験や成功にぶら下がり

頑固一徹!では、先端ビジネス?ではやっていけません。

常に、「クライアント様のためになるのか?」

今、「どんな問題点があり、どう解決するべきか?」

本当は、「クライアント企業にとって何が一番の本質なのか?」

をずっと、ずっと考え続け模索して行く事が

本当に大切なのだと実感できた4ヶ月間でした。

どんなメジャーな会社やメガメディアも

本気でクライアント企業に向かって接している

私たちには絶対に敵わないでしょう!

だんだんと私たちのビジネス・ジャブが利き始める。。。

そんなことを確信しながら、今週も行きます!

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今までたくさんの辛いことがありました。

たくさん失敗もしたし、挫けたり

投げやりになったり、開き直ったり。。

人によっては、「ああ、アイツか。。」って

思う人もいると思います。

でも、今まで一生懸命成功することを

諦めずに頑張って来てよかったと

嘘無く感じます。。

たくさんのことが繋がっているように感じます。。

なんか、こういうのはいろいろな社長さんと

共鳴できる部分じゃないかと勝手に思うくらい

不思議な感覚です。。

最近、投資会社の上席の方にたくさんお会いします。

今日も投資会社A社の社長さんが態々、ご来社されました。

(KT社長、上場したら、立ち飲みやで一杯!必ずやりましょう!)

本業を忘れ、お互いに意気投合して

たくさんの話ができました。。

ネット業界とは言え、最終的には現実的にビジネスになるか?です。

それを感じ、感じてもらいました。。

この前も書きましたが

自信(自分を信用する力)を持って

これからも気負わず手を抜かず

一歩づつ確実に歩んで行きたいと

思います。

※秋は、気持ちがいいですね?♪

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は来年4月から入社予定の

インターン研修学生7名のプレゼンに

参加しました。(あと、1名居ますが今日はお休みです。)

お題は。。

【社員旅行】です。

コストを考えた上でどんな内容にするか

PPTを使用してプロジェクターベースで

プレゼンしていただきました。

結構、真剣に考えていたことが伝わって

とてもよかったですね♪

また、これからの社会人生活に向けて

たくさんたくさん希望や期待があることが

感じられました。

昔は自分もこんな感じだったのかな?と

思い出しました。。(でも結構複雑だな?。)

人って確実に成長するものですね。なんかそんな感じもしました。

焦らず、確実に、一流になってもらいたいと

思いましたし、私が責任を持ってそうさせて見せる!と

強く感じた一瞬でした。。

では。

さくさく。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

どうやったら、力まず肩の力を抜いて

日々颯爽と仕事に没頭できるか。。。

これって実は自分にとって結構できてないと

思ったり、悩んだりするところですね。

まだまだ、若いのかもな?。

本当に言ってる通りに先を見て戦略的に

計画を立てて実行できていれば

颯爽と日々過ごせているはずですしね。

ただ、贅沢は言えません。

たくさんたくさん悩んだり喘いだりしている

中小企業の経営者がいたり

本来能力のある人材であったはずの経営者が

高利で返済できるはずのない金融から

借金していたり、世の中本当に大変なことが一杯あるのです。

気を緩めず、上ばかり見て羨ましがらず

また、出来ていない所は自覚し少しづつでも改善し

一歩一歩前進して行きたいと思います。

「確かに、颯爽と会社を経営できたらカッコいいんだけどなー」

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ある意味望んでそうしている訳でもないのですが

ベンチャーである訳ですから、

危機感や将来を考えると自然に行動してしまいます。

「今のままじゃ、駄目だ!」

「もっと、いい考えは無いのか?」

「さらに飛躍し成功したい!」

常に進化しなければ先は無いのです。

なんでも言い訳じゃない。。

何から手をつけるのか?そしてどれくらいの期間で実行まで

もっていけるのか?時間とコストと人材と市場を考え。。。

大切なのは絶対に独り善がりにはならないことです。

これはみんなの意見をやさしく聞いて上げるなんて

生易しいことでは有りません。

つまり偏ってはいけないということです。

少なくとも3年前や1年前よりは明らかに

今の方が有利のはずですから

昔にできたんだから、今はもっと出来るはずと

思ったりしますね。

こういうこと、常々考えているビジネスマンって

どれくらいいるのでしょうか?

普段から考え行動しないと、他人事ではなく

自分のことですから、5年後10年後に明らかな差を

つけられてしまいますよ?。

常に進化し続ける!肝に銘じて今週もがんばりましょう!

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私は彼の歯切れの良い対応はどちらかというと

結構好きです。

もじもじ何を言っているのか分からない大人が

たくさんいる中で何事もリスクを受け止めた上で

しっかり自分の意思を表現できる人間だと思います。

ただ、最近私が思うのは

「売上や利益を大きくすることが目標」

という若い経営者が多いということです。

確かに利益を出すことが株式会社であることの何より

重要なことであると思います。

しかし、本来商売(ビジネス)とは

「これを自分は好きで好きで堪らない」

くらいのこだわりがあり且つそれが利益に繋がる。。。

こういう拘りが欠けていると思うのです。

私は会社をどんどん大きくしていくことにあまり興味はありません。

それより自分たちが拘っていることを

その仲間と共有しながら、社会にも貢献し

結果的に会社自身も成長しているということが

いいバランスだと思うのです。

「あなたの会社は何屋さん?」ということは

つまり。。「あなたの会社は何に拘った会社?」と

いうことなのだと思います。

人間は常に何かに拘らないと生きていけない生き物だと思います。

・趣味に拘る人

・政治に拘る人

・正義感に拘る人

・自分の仕事に拘る人

・他にもたくさん。。

拘ることが無かった堀江さんは

そもそも当然な会社の事業内容に拘るのではなく

少しずつ少しずつ会社の規模や売上の実数や利益に

拘ることになってしまったのでしょう。

決して悪いことではないのですが

売上や利益はあくまで事業内容への拘りに対する

結果論であり、そもそも目指すことではないのだと思うのです。

みなさんも、自分は一体何に拘って起業したのか?

それは規模か?売上か?それとも仕事の中身か?

よくよく考える必要があると私は強く思うのです。

「あそこの魚屋の魚は本当に新鮮でおいしい!」

「あそこの美容院は本当にカットがうまい!」

「あそこの不動産屋はいい情報をたくさん持っている!」

「あそこのラーメンは本当においしい!」

【あなたの会社(仕事)は本当に○○○だ!】

○○○が埋まりますか?

ビジネスが成功するためには、本当に大切なことだと思います。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

働いていれば、そもそも会社の本質を故意に

逆行して行動しようとするビジネスマンなど

絶対いないと思います。

つまり、最初から「自分のやりたいように、会社なんて無関係!」

なんて人はいないのです。

ただ、日々ビジネスに関わりながら

本人も気がつかないちょっとした細かい範囲で

少しづつ少しづつずれが生じ、気がついたら

取り返しや説明が付かないほど

逆を行ってしまっている。。。こんなこと良くある話です。

上司や先輩は一体そうならない為に

日々何に気をつけ、何に対して口癖のように言い続け

行動していったらいいのでしょう?

こんなこと考えたことありますか?

凄く細かいことで案外自分が入社する前から

そのレールが敷かれていたりすることが普通だったり

しますから、「そんなの大したことないよ?」とか

「考えたことや悩んだこともないよ?」なんて

人が多いのではないでしょうか?

ビジネスの仕組みがいくら磨きあがっていても

人が増えて、その分比例して利益が増える。。そんな単純じゃありません!

「増員=増益」ではないということですね。

要は、こういう凄く細かいところが成功失敗の理由だったりします。

今とっている行動が果たして本当に自分の会社にとっての

最優先項目であるのか否か?

常に考えたり、部下や後輩に問いかけないと

簡単にずれてしまい、取り返しがつかないことに

なったりもします。

自分が自分のことを管理する、つまり自己管理は大変ですが

他人を自分同様に管理し結果に結びつけ会社の方向に

導いていくことはもっともっと大変です。

まさに、マネージメントですね♪

子供がいて初めて親になると同様

部下や後輩がいて、初めて上司や先輩になる。。

ですから、社長とはマネージメントを死ぬほどやっている

まさに【マネージメントの鉄人】くらいでないと駄目です。

なぜか?それはすべて生身の人間に接するからです。

数名雇って、「私は社長です!」っていうのは

私は「ん?。どうだろう?」って普通に思っちゃいますね。

登記して社長になるのは簡単(すぐできます!)でも

本質的な意味で社長になることは

結構時間と労力と知能と忍耐が必要だったりしますからね?。

いくら、子供が居てもいいくらいの年齢でも

子供が居ることを想像しながら話すのと

実際に子供が居て、日々苦しんでいるのとは別ですから。。

あくまで一例です。

今週から(実は先週から)9月!がんばりましょう!

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ