アトリビューションを核にしたネット広告代理店をやっています

「エッジ」の 効いたことをツラツラ&さくさく考えて参ります。 最近はFacebook(フェイスブック)・ツイッターの使い方もコンサルしてます! キャッシング比較のサイトやメディア事業も100サイトを越えました! SEOの本質も常に検証しながら、クライアント様にご提供しています。

February 2007

いや?。みなさん、お元気ですか?

暖冬っていうか、温暖化の影響もあって

今年は「花粉症」が早いみたいですね。。

さて、前回のKickOFFからあっという間の

第四四半期に向けてのKickOFFがやって参りました。。

KickOFFやる事についての意味を

今回は社内でも外部コンサルの方などを入れて

いろいろと話し合いました。。

結論としては、意味ある!ってことですね。

ちょっと言い難いですが、例えば45万円のコストが

かかっているとします。

3ヶ月毎実施しますから、1ヶ月あたりで15万円。

大体で従業員数は30人ですから1人あたりで5,000円。

さらに、20日/月稼動とすると1日あたり250円/1人。

全然、問題ないわけです。さらに考えて見ました。。

一日に一気に50人にアポイントを取って面談できますか?

そういう意味でも、無茶苦茶すごい意味ありますよね。

さらに、これが従業員30人ってことですから。

従業員30人×50人だから。。1,500人の面談が

たった1日250円/人の負担でできちゃう訳です。

気持ち的には(テーマは変えますが。。)毎月実施したい

と思ってしまうくらいですね。

また、こういう計算もせず単に「何やってんの!勿体無い!」って

人も居るんですよね?。逆にもっと考えてください!って

感じに思うのは私だけでしょうか?

では、みなさんお会いできるのを楽しみにしてます!

では。

さくさく。。

メッセンジャーID:mabcdef(Yahoo!)
便利なのでビジネスで使っています!お友だちになりましょう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

来月はこちらからサンフランシスコへ出張する予定と

さらに、サンフランシスコ(今はNY)から来日いただき

Mediaplexの方とお会いして時期バージョンのための

打ち合わせを実施します。

しっかり結果を残し、信頼を少しづつでも

積み上げてこれて本当によかったと実感しております。

現状のBehavioralTecnologyのバージョンUPがようやく

落ち着いてきましたが

別メニューのリリースもするためにも

前に向けて進めていかなければなりません。

今度のテーマは「KeywordSearch」です。

いわゆる自動入札システムを最高品質でご提供致します。

先日も申し上げましたが、先行メリットをフルに生かし

Keywordに紐づく行動ターゲティングですね。。

まだまだ、たくさんクライアント様のためになる

Tecnologyを準備していますから

今後も是非ご期待くださいね。

では。

さくさく。。

メッセンジャーID:mabcdef(Yahoo!)
便利なのでビジネスで使っています!お友だちになりましょう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近、少し吹っ切れたような気がしますね。

今までは、なるべく弊社が取り組んでいることを

明かさず水面下でクライアント様だけに

本質的な提案をさせていただいておりました。。

これからは、もう少しだけオープンに語って行きますね。

ただし、本質的なことは企業秘密ですので、少しだけです。

現在のBehavioralMarketingで大事にしている指標。。

それは、「GR →Growth Rate (成長率)」と

「CL →Contribution Level(貢献度)」です。

以下、BehavioralMarketingを略してBMと表現します。

「GR 成長率」とは、通常(BM以外)の成約とBM経由での成約の

伸びを言います。通常は前週対比10%UPに対して

BM経由では50%UPとか。。成約実数そのものは小さくても

途轍もなく素晴らしい数値が現れます。

また、「CL 貢献度」ですが、これは通常の成約とBM経由の成約を

足し合わせたトータルの成約数の中でBM経由が

どれくらいのシェアを占め、それが毎週推移していくか?

という指標ですね。

弊社テストでは約3ヶ月(12週間前後)で

もともとのクライアント様のトータル成約数の20%近くまで

貢献するというDataが出ております。

逆に返せば、BehavioralTecnologyを利用することで

同じ成約件数を受け止める為に、

20%は削減が可能ということになりますね。

年間Web広告予算が月間1億円、年間12億円の企業は

月間2,000万円、年間2億4,000万円削減できる訳です。

この2億4,000万円を利益にしてもいいし、

他の開発コストや新規事業などに投資することも

できることを考慮すると、非常に大きい効果と言えますね。

これから、私達サービスを真似して始める企業とは

異なる、既にたくさんのテストから分かる指標や実績を

これから弊社ノウハウにして、更に成長して行けたらと

思います。これが所謂、先行メリットって事ですね。

では。

さくさく。。

メッセンジャーID:mabcdef(Yahoo!)
便利なのでビジネスで使っています!お友だちになりましょう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いろいろと他社との差別化を考え、

手っ取り早く、各メディア様へもBehavioralTecnologyを

ご提供する準備を始めようと思っています。

Web2.0化されるInternetMediaとなるのは

当然の流れで、それを独占しようとして速度を

遅めるのではなく加速する方向で行くべくということですね。

つまり、DACさんのネットワークに参加されている

Mixiさん自体が行動ターゲティングをされることに

当然気がつくということです。これは例えのひとつですね。

弊社はこの業界を世界的にリードし

米国最大(つまり世界最大)のebayにもTecnologyを

提供している実績、知名度抜群であるMediaplex社の

Mojoが配信制御のエンジンとなりますので

大きなMedia様であればある程、

ご納得されるパフォーマンスが生かせる訳です。

真似されることも、うれしい悲鳴ですが

皆様が唸っていただけるくらいの速度で

今後BehavioralTecnologyをリリースするつもりです。

行動履歴に基いたフルバナー動画広告なってのも

やってみようかな。。(単なる動画では意味ありませんが。。)

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日ご存知の方も多いと思いますが

DACさんとアイメディアドライブさんが新たな行動ターゲティング事業を

開始されるという記事が出ていました。

また、他にもDACさんが展開する

BTA(BehavioralTargetingAdvertising)の効果が高いと

いうリリースが1/29にありました。。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20341689,00.htm

リリース内容を見ても、正直どうなんだろう?と

感じてしまったのは私だけでしょうか?

いわゆるリリース(効果)とリリース(新聞記事)とを

うまくクロスさせたひとつのプロモーションのように

感じました。つまり、残念ですが内容が薄い。。

でも確かに。。

新規事業についての記事は詳しく知らせる訳にいかないか。。

さて、このDACさんの新しい行動ターゲティング事業ですが

私たち的には、1年前から既に展開しており

彼らはこれからクライアントさんを20社開拓すると

ありましたが、既に弊社は40社程の企業さんを

開拓しご利用いただいております。。

内容の薄いリリースより、地べた(水面下)でしっかり

積み重ねて行くことが大切なんだ。。と思いましたね。

新たな行動ターゲティングとはBTAではなく、

BRA(BehavioralRetargetingAdvertising)のことですね。

只今、さらに受注は増加しまくっており

DACさんが一年後20社となった時は

100社到達!位になれるよう、展開して参ります。

BRAでは国内初であり、国内最大手ってことかな。。

ご期待ください!

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

みなさん、お元気ですか?

私は珍しく少し風邪気味です。子供から感染したようです。。

さて、弊社も着々と差別化を極めるべく日々邁進しております。

また、最近感じることで、思い返してみると以前も感じたことが

確かにあったな?と思うことです。

それは状況が良ければいいのですが、状況が悪化した時に

その人間の本性が出るということです。

普段は感じないその人の態度や発言が、悪化した時に

明らかになる訳です。

私は残念ですが、悪化した時に生産性の無い発言や

結果論の塊となってしまう人には、もはや出す薬も無いくらい

致命傷であると感じてしまうのです。

今まで私もたくさんたくさんピンチがありました。

その時に、普段は感じない頼もしい一面を感じさせる人や

逆に普段は頼もしい感じなのに、いきなり頼りなくなって

しまうそういう人をたくさん見てきました。

経営者は正に大変な時に、どれだけ頼もしく力を発揮し

みんなを励まし、良い方向に導いていけるか?が問われます。

また、先輩経営者の方達はそれをたくさん経験している

のだとも言えます。状況が良い時だけその場に居るでは

許されないのですね。。

また、経営者だけではなく一般の従業員の方の中にも

「こいつは、何時かすばらしい経営者になるな。。」と

感じる人たちもたくさん居ます。

そのためには、常に最悪な状況を創造し

それに向けて何が必要か、誰に何をさせるべきか?

を考え行動する。。そういう力や考えが必要です。

悪い状況をただ批判し、良い時はただ受け止め

こういう人材が会社を腐らせます。

批判だけすることからは、何も生まれない訳です。

「最悪な状況は何か?」それが最高への近道なのですね。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ