アトリビューションを核にしたネット広告代理店をやっています

「エッジ」の 効いたことをツラツラ&さくさく考えて参ります。 最近はFacebook(フェイスブック)・ツイッターの使い方もコンサルしてます! キャッシング比較のサイトやメディア事業も100サイトを越えました! SEOの本質も常に検証しながら、クライアント様にご提供しています。

June 2007

今まではクライアントも代理店もメディアもインフラも

全てがビギナーでしたから、つまり。。熟成していなかったので

そういう意味では「とりあえず、やってみるか!」で

発注いただいたりしていた訳ですが、

もうそういう時代では無い訳ですね。

また、いくら勢いで押し切ろうとしても駄目です。

また、「おもしろいね!」でも駄目です。

つまりどんどん専門性を問われているので、

「たぶん効果がいいですよ?」でも駄目で、はっきりとした

根拠や試算などを普通に求められる訳です。

何が言いたいかというと、適当にこんな感じのメニューで

やったら、いいんじゃない?。。では必ず失敗すると

いうことを弊社はこの一年で相当味わったということです。

私達を真似ていただくのはいいのですが、

安易にその風呂敷を広げてしまうと、本当に大変なことになります。

どこで、課金し、どこでクライアント様に儲けていただき

どこを弊社としてリスクを抱える(これが無いと、

私達の存在意義はありません!)のかを考え決定することで

本当に素晴らしいサービスになるのだと

この一年間で実感致しました。

今存在するもの単に気合入れて販売するだけでは、

クライアント様にお答えすることにはならないんだ。。って

こともこの一年間で味わったことですね。

そういえば、もう7月!今年も半分が終了です。

早過ぎる。。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ビジネスでは相手の方の本音を見極める力が

必要になります。その時に自分の希望ばかりを伝えていては

本音を測るどころではない訳です。

相手によっては、本音を出し易くするこも考える必要もあります。

何事にも理由がある。。

どこかに動き出すためのボタンが隠されている。

冷静によーくそれを見据えて観察するのです。

焦りは本当に邪魔な気持ちの一つですが、

それをぐっと押さえ込んで、できる努力を重ねて行く事で

しっかりした結果がついてくるのだと思います。

では、どうやって相手が動き出すためのボタンを

探し当てるのでしょうか?

それは、自分の都合を一旦捨てることなのだと

最近つくづく思いますね。これは簡単にはできません。

ゴルフでもそうですが、どうしてもスコアのことを

考えて何とか取り戻したいという一心を捨てきれないと

いうことに似ています。

全てはそのショットをした後に、いつも気が付くんですよね。

欲を捨て、冷静に客観的になれる人がビジネスでもゴルフでも

成功するのだと思います。

※プロゴルファーはトーナメント中はニコニコしている人は
 本当にいませんし、どちらかっていうとムッとしていますもんね。。


では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Web広告は、最終的に枠を売る形式は無くなり、

そこの価値をその基準で販売することになります。

最終的には現在私達が展開しているBehavioralRetargetingに

紐付けた露出形式に集約されるのだと思います。

当然、ユーザーの意思を広告の価値として販売できている

広告メニューは集約されることなく存在する訳ですが。。

今、本当にたくさんの指標を私達は受け止め

分析し続けています。驚くべき傾向が分かり始めています。

ふと考えるのは、この数値を受け止めた今だからこそ、

これからが勝負であり、より実績値に基づいた

提案ができるのだと思っております。

予測よりは、実績値が全てです。。

この同業界の人たちでも想像が付かない結果が

私達には分かっていることを考えると、

弱気にならず、どうどうと今後勝負して行くべき時に

来たのだと、武者震いしているこの頃ですね。

大学四年生向けの会社説明も全て終了しまして、

あとは充実した一年とするべく、ガシガシやるだけです!

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近の新聞の記事で安倍総理大臣が「何としても参議委員選挙に勝つ!」

って言われているのを目にしました。。

何が言いたいかというと、今当たり前に存在している総理大臣でさえ

選挙に負ければ退陣し、一般の国会議員となる訳です。

「ここ一番、勝たなければならない」とかそういう緊張した

瞬間な訳です。あの人でも。。

事業家として考えれば、そんな瞬間は規模は違っても

本当にたくさん受け止める訳です。

でも、これはやっぱり当たり前のことなんだ。。と

安倍さんの記事を見て、ふと思った訳です。

みなさん、ここ一番!頑張っていますか?

幾ら安定を求めても、緊張するその場面から逃げようとしても

逃げられないのです。そう!立ち向かう以外無い訳ですね。

自分だけが、そういう場面に居る訳では無いのです。

自分だけ特別な理由や環境におかれていると卑下していても

誰もそれをカバーしたりサポートしてくれたりは

してくれないのです。

大人になるとそういう緊張状態から上手く逃げる。。

そういうテクノロジーを身に着けてしまうので、

ついつい楽な方に流れ勝ちですが、

その時は良くても、何時かまたその「ここ一番!」という

とても緊張する重大な瞬間がやって来るのですね。

自分だけが特別。。そんな卑下した事を考えるより

安倍総理大臣や他国会議員のようにハチマキしめて

正面から自分を信じて立ち向かうしか無いのだと

最近、つくづく思います。

株主の方にも、従業員の方にも、クライアント様にも

Media様にも全ての人にハチマキ締めて正面から

しっかり接して行きたいと思います。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

多分この世の中の一流のビジネスマンには

まだまだ追いつかない荒削りな所もあるかと思いますが、

人間やる気になれば、本当に結構限界点なんか関係なく

いろいろとやり遂げられるもんだと思っています。

頭の奥の方が、グーと痛くなる感じで、

ちょっと休まないとまずいな。。って時までは

相当ガシガシやっても大丈夫です。

しかし、弊社の展開するBehavioralRetargetingも

結構有名になってきまして、「効果高いらしいぞ」とか

言っていただけるシーンも大分増えましたので

本当に嬉しい限りです。

また、今度BRのVrUPを致します。

何と、完全な行動リターゲティングメニューとなります!

ここまで来ると、「リスティング」とどっちが効果高いか?

とクライアント様が考え悩んでいただけるくらいになる訳で

それくらい脅威的なメニューなのです。

「クライアントページへ来て、離脱したユーザーを

 再訪させたら、お金ください!」ってことですね。

リスティングはまだまだ、手前のキーワード検索レベルですから

それよりも見方によっては全然効果高いってことですね。

まだまだ、考えていることや次期VrUPは仕込んで

おりますし、ガシガシリリース致しますが、

1年以上この業界を水面下でリードして来たからこそ出来る、

そういうことを徹底して展開していく事が大切ですね。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今までの蓄積されたノウハウをそろそろ

外に向けてリリースし認知もひとつの価値であると

考えてリリースにも力を入れて行こうと最近感じています。

今後はWebマーケティングの主流のひとつとして

BehavioralRetargetingが存在することも

業界として認められて来ましたし、

実際に企業様からたくさんのご意見をいただけたのも

弊社のノウハウとして本当に意味がある訳ですから。。

でも、本当に営業をしている方であればお分かりいただける

と思うのですが、クライアント企業様の反応を見ると

わかりますね。

単なる押し付け的営業なのか、そうでないのか?

上手く結果がでなければそのアプローチは

明らかに無理があることも、直ぐにわかるのです。

それでも売り上げを上げたいと思って必死に

同じことをいくら取り組んでも待っているのは同じことなのです。

すばらしく頭の良い若いバリバリの人が集まっても

大事な点について悩み考えなければ結局受け止める

結果は同じなのだと。。

最近この立場で客観的に見ることが癖になっている自分としては

とても感じているのです。

上場していても、注目されていても、結局のところ

今どんな根本の工夫を正面からしているか?に

すべてがかかっているのだと抽象的ですが感じています。

結構冷静になって先を見据えて

楽しく厳しくアグレッシブに思考するしかないのだと思います。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ