アトリビューションを核にしたネット広告代理店をやっています

「エッジ」の 効いたことをツラツラ&さくさく考えて参ります。 最近はFacebook(フェイスブック)・ツイッターの使い方もコンサルしてます! キャッシング比較のサイトやメディア事業も100サイトを越えました! SEOの本質も常に検証しながら、クライアント様にご提供しています。

November 2008

今日は住宅ローンセミナーへ行って参りました。

日経主催という事で丸の内の三菱村のビルの4階の大きめの

会場で300人くらい参加の住宅ローンセミナーでした。

この不景気に不動産購入を検討している人がいるとは思えなかったのですが、

やたらと参加していてびっくりしました。

それとも借り換えの人が多いのかな。。変動から固定金利へと。。

そう言えばガダルカナルタカさんの奥さんでカリスマ節約主婦とか

いう橋本志穂さんもパネラーで参加していましたね。

彼女が言っていたのは、昔は住宅ローン6.5%なんて時代があったようです。

ちょっとびっくりですね。国や銀行なども煽る時は煽るものですね。

最近は色々と理由があるのですが、住宅ローンについて勉強を

しておりまして、それなりに住宅ローンのリテラシー高まってきた感じです。

明日も丸の内でWebサイト構築術のセミナーに参加して来ます。

企業ユーザビリティを高めるための構築術ということで、

よくよく学習に励みたいと存じます!

これから、一年間くらいで相当進化する準備が整いつつありますので、

知ったかぶらず、自分が行動して学習していけたらと思っております。

今接点を持たさせていただいている企業様も年商10億円規模が

ぞろっと並んでおりますので、色々なご協力でいかに100億円規模に

できるか、Webとリアルと両面からサポートできたらと、

日々学習&行動をしています。

そういえば、今日、ボジョレが解禁ですね。

帰りにちょっといただいてみようかな?。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近リアルショップを持ちながら、ネットに力を入れる企業との接点が増えている。

世間話をしに、トコトコでかけて、「いや?、お元気ですか!」から始まる

訳ですが、やはりWebに関する話になると真剣になる訳ですね。

でも、前から言っている事ではありながら、ネットは必ずチェックして、

店頭へやって来る人が本当にほとんどであることに驚かされます。

そういう意味では、WebはBrandingで割り切ってもいいのだと感じます。

確実にユーザーには浸透していますね。

そこで、今後求められているモデルは、Webを使ってWebを活性化するのではなく、

Webを使ってリアルを活性化することだと思うのです。

アフィリエイトやSEMやSEOなど基礎的な出稿だけでも、月額100万円くらい

投下できれば、十分な露出効果がリアル店舗で出てきます。

この部分をコンサルティングしていくモデルも今後は有りですね。

日本は狭いようで、地方にもたくさんの地場企業があります。

それこそ、年商100億円クラスがゴロゴロしている訳です。

リアルである程度の成功を収めている企業が、Webの効果を理解すると

ひとつはエリア的なハンディが軽減出来る。そしてもうひとつは、

Webを活用してリアルをさらに活性化することが出来る。

この部分は、かなり有りだなっと感じているこの頃です。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「今年買った最高額商品、4割半がネットでゲット」

ってすごい時代になりました。

こんなことになるなんて、予想はしていたけどやっぱりビックリです。

ネットバブル2000年から満8年となり、これからあとどれ位で50%を超えるか?

間違いなく、来年中にはそうなるでしょう。

昔の昔は通販で物を買うだけでも、胡散臭くて中々浸透できなかったのに、

ネットで最高額商品を買ってしまう訳ですから、時代も変わるものです。

この変わり方をもっともっと創造しなければいけないのでしょうね?

以前、TVは絶大な効果があり、ネットは全然効果が無いなんて言われた

時期がありました。持論ですが、その媒体で爆発的なヒット商品が

出るくらいにならないと広告主も信用してくれないのだと思います。

たとえば、「だっこちゃん」とか「力道山」とか「月光仮面」なんて

凄い勢いで日本中認知されて爆発的なブームになったりした。

だから、企業もそのブームを見て広告を出稿しようと思った訳ですね。

これから先はネットを通じて商品を売る時代が完全に到来し浸透

しますので、中途半端なサイトではなく、しっかりしたサイト作りが

大切になってきますね。まさに、リアルな店舗と同じように投下しないと

だめなのだと思います。

ただ、一点だけ昔と今が違うのは、ネットを活用する事でたくさんの

商品情報を得ることができますから、ニーズは多岐にわたり、

爆発的なブームではなく、各ユーザーにマッチした商品が売れるという

時代になるはずです。

まさに、強引、おおざっぱではなく、個々のニーズにマッチさせた

商品開発や料金設定などをしっかり考えないと駄目なのですね。

この業界に居れることは、本当にラッキーでした。これからこの市場で

本当に勝負が出来る訳ですから。。

しっかり、考えて行動しなきゃっ!

★Movie「The Matrix」調を狙って、緑フォントで書いてきましたが、
 「目が痛ぇ?」「読み辛い?」「変なサイト見ているみたい」と
 大変不評だったので、読みやすいフォントカラーへ変更しました。涙


では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は午後からSEOの初心者向けセミナーに参加しました。

二時間みっちり研修を受けましたが、参加者が多いのにビックリしました。

これって、中小企業のスタッフの方がそれなりにリテラシーを高めて

いるということですから、IT業界でビジネスしている人はもっと勉強が

必要になっているということですね。

研修内容には正直パッとするところはありませんでしたが、

たくさんの発見がある訳ですね。机上の空論ばかり言っていないで

まずは自分自身が行動して、たくさんの気付きを得られないと

頭が腐りますね、本当に。。

あと、吉祥寺にショップを出しているアジア系インテリアメーカー様

からのeコマースについてのご相談を知人の紹介でいただきました。

商売なんてどうでも良いので、本当に自身が逆の立場であったら、

本当にどうするか?かなり創造し考えました。

商売はやっぱり経験が無い人がツラツラ言ってるほど、簡単じゃない。

どうやったら、この企業が成功出来るか?いくら投下していつから

利益が出て、いつからキャッシュが回り出すか?

どうやって継続的なビジネスに仕上げるか?どうやって顧客をファンに

できるのか?それは何か?たくさんたくさん考えました。

それくらいでも、失敗する訳ですから、考えすぎはない訳です。

皆さん、考える引き出しは充実していますか?

机上では駄目です。自分で商売やる勇気はありますか?

そういう肝が大切なのです。肝とは細いものではなく、ブ太いもので、

簡単に折れませんし、自信に漲っていなければなりません。

・・・ということで、日々寒くなり年末が近づき色々考えさせられる

この時期がまたまたやって来てしまいましたね。

20代の人も、30代の人も、40代の人も、50代の人も、実はみんな同じ。

だって、20年間ってあっという間の期間を経過したら、

自分の周辺なんて本当に様変わりです。それくらいの中でビジネスしている

訳なんです。何だかさみしいけど、だからこそ、充実して自信持って

日々過ごして行きたいと思う訳ですね。

さーて、20年後どうなっているんでしょうね?どうすれば、どうなるみたいな

小さなことでは、どうやら解決付きそうにないですもんね。

大分充実して来たので、来年の自分自身が楽しみです。

何に拘り、日々邁進するか?そろそろ絞れてきた感じです!

ツラツラ訳分からないことばかりで、すいませんでした!

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日11月1日(土)に某IT大手企業の「住宅ローンセミナー」へ

参加して参りました。

「人生を変える」位のキャッチが出ていたこのセミナー。

何だか、オーバーな印象もありましたが、固定金利や変動金利など

それなりに世の中の多数の方に影響し、且ITサービスとしても

確立されつつある業種であるだけに無知では許されません。

参加されているご夫婦は皆さん真剣そのもの。当日日経一面に金利利下げの

記事が出ていた程で、今の経済への刺激策としてそれなりの大切な

トレンドな訳ですね。

また、ここ一週間で差別化されているITツールを提供されている

某F社(SEO)、某O社(リサーチ)、某S社(SEO)と立て続けに

勉強会に参加させていただき、数値大好きな私としては

興味深いマーケティング手法を勉強する事が出来ました。

既存ビジネスを展開している大手企業は、ネットオタクの蘊蓄を

聞きたいのではなく、ツールを使って今の経営にどう生かせるか?まで

の提案を待っているのです。つまり経営ナレッジが必要な訳です。

経営コンサルティングでもなく、ネットオタクでもなく、既存のルーチンに

流されるわけでもない、そんな引出を持っているビジネスマンだけが

勝ち組に入るという、IT業界もある意味、本物であるかどうかを

判別される時期に入ったのだと思います。

これから、FXや金融サービスのセミナーやクリエイティブ研修や

ビジネス英会話など貪欲に自身の肉付けのために時間を費やしたい。

若い人は諦めたり、自分がよっぽど大変だと思い込んでいる人が

本当にたくさんいます。特にこのIT業界は。

そんなもんじゃない。人生長い訳です。瞬間的な勝者にも意味はなく、

最終的な勝者になるまでは、本当に道は長い。短絡的な人が現場や

投資会社などたくさんいます。

「絶対的に必要とされるサービス」&「絶対的に継続する効果」を

最初は小さくてもいい、でも絶大な形になるそういうものを

マーケティング的な観点とテクノロジー的な観点と経営的な観点からみて

見極められるそういう自分になりたいと思いながら日々過ごしています。

自分を信用出来ていない、そんな若者には全くの価値を感じません。

一生懸命に努力してきた知識や一生懸命に培った常識だったら、

ちゃんと自信が持てるはず。そんな事していたら、自信がない嫌だなと

思っているそういう大人への仲間入りをいつの間にか自身が

してしまっていることになります。

「誰がなんて言っても、自分自身を信じて、魅力的に過ごす」。

私が携わったたくさんの若い人たちには、そうやって前向きに行動して

もらいたいと感じてなりません。答えはそれしか、ないのですから。。

では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ