アトリビューションを核にしたネット広告代理店をやっています

「エッジ」の 効いたことをツラツラ&さくさく考えて参ります。 最近はFacebook(フェイスブック)・ツイッターの使い方もコンサルしてます! キャッシング比較のサイトやメディア事業も100サイトを越えました! SEOの本質も常に検証しながら、クライアント様にご提供しています。

June 2009


おはようございます。さてさて、間もなく6月も終了っすね。

2009年もとうとう、半分終了っす。汗 

嫌でも何でも、もう折り返しちゃう訳ですね。前半戦は皆さんどうでしたか?

ん?。自分としては、ライフパターンも強制的に変更完了しつつあり、

40代に向けての準備や切り替えが出来た、とても大切な半年でした。

後半戦も、やったるでぇ?! (な、何を?)



さて、最近本当にあっちこっちで感じる事は、判り易く整理できる人と

何でも判り難くしちゃう人がいるってことですね。

ごちゃごちゃ言っているうちに、また他の話に吹っ飛んだりして、

聞いている事に正確にシンプルに判り易く答えようとする姿勢が

無い人が本当にたくさんいますね。ちょっと、びっくりっていうか、

イラっとしたり、がっかりしたり、そんな事繰り返してます。マジで。



ネット系の広告代理店の方は、手に取って見せられないバーチャルな

メディアや広告枠や企画をクライアントへ提案する訳ですから、

メルセデスを提案して新車買ってもらうのと訳が違うわけっす。

つまり、形にないものを判り易く説明して「なるほど!じゃ、一回

その危ない橋渡ってみっか!試す価値ありそうだしね」って納得して

貰わなきゃいけない、本当に伝え方や話の聞き方や答え方が重要な

ビジネスなんですよね。一人ヨガリは全く駄目です。そんなん、いらない。



思いやりっていうか、話聞いてくれている人に、判り易く伝えてあげよう

って気持ちが持てれば相当変わるはずなんですけど、そうせずに

意味不明な話をされると本当にがっかりするし、そういうガサツな感じが

本当に大っ嫌いなんですよね。何事も繊細にデリケートに対応したいですね。



逆に、この人本当に説明が上手だな?って関心しちゃう人もいます。

そういう人は、人の話も、またその先の本質もしっかり聞いて、

正確に理解しようと一生懸命なんで、答え方も超的を得ているし、

そういう人と話をしていると本当に楽しいですよね。

ビジネスが成立するか別にして、その以前にその人とまた話したい、

会いたいって思ってもらえる事は、魅力だけじゃなくて、その人の

努力だってたくさん必要なんだと思う。ほんと、努力が!


さ?て、努力しますかっ!みなさん!


では。

さくさく。。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


おっす!本日も始まりました!もう間もなくで夏がやって参ります。

・・・と同時にとうとう大台の年齢になっちゃいます。汗

自分としては30代前半くらいのつもりで日々取り組んでいますが、

自分が思っているよりも年齢が積み重なるのが早いです。

無責任に年齢を積み重ねたって言われないように、悔いのない10年を

また、頑張って過ごしていきたいと思います。



さて、昨日は「明日も走るぞ!」って思いながら帰宅せず、自宅近くの

いきつけのお店に行ってしまいました。。もちろん、走りましたが・・。

そこで「お、まっちゃん!久しぶり」なんて御客さんにも迎えて

いただきまして、色々とお酒をいただきながら話をしていました。

だいたいが経営者の方が多いので、結構真面目な話もしたりする

のですが、「まっちゃん、ちょっと手伝ってくれない?」なんて

御声をいただきまして、「いいっすよ、全然大丈夫ですよ!」なんて

話をしていました。



でも、最近、このパターンが多いんですよね。

「その代り、まっちゃんが直接関わってくれないと、やだ!」みたいな。

確かに、広告代理店とかWebマーケティングとかってやっぱり人が大切。

何をやるかも大事だけど、誰とやるのか?がとても大きいんですね。

御客さん達は、経営者でもあり魅力的な人たちばかりです。

そんな魅力のある人達の声をかけてもらって、しかも自分でなければと

ご指名をいただけるというのは、本当に嬉しくやりがいを感じます。



専門性とか、差別化(自分でなければならない理由を探す)なんかを

この30代の10年間ずっとずっと考えて行動してきましたが、

何かが積み重なってきたのかもなぁ?なんて最近本当に感じる事が多いです。

また、本当に無理していないので、ビジネスが楽しいと嘘なく感じます。

自分を追いつめて、「今勤めているこの会社しかない!」とか、

「あ?、今月の数字どうしよう・・」とか、真剣に考えて行動するのも

大切ですが、プレッシャーばかりの人が多いと思うんです。



楽しくビジネスやっている人間には、それじゃぁ、絶対に勝てない。

楽しいからハードにやっても、さらに楽しい!追い詰めた人の発想は

やっぱり、そんな感じでクライアントからも見えてしまうんだと

思うんです。気持を楽にして、リラックスして頑張りたいですね。

「真剣勝負が出来ていれば、何とかなるさ?!」くらいが大切ですよ。



最近いろんな経営者の方達に、「まっちゃんが直接やってくれんだったら、

絶対に一緒に仕事したいし、お願いしたい!」と言われ続けて40代の

貴重な10年を一歩づつ歩んでいきたいものです。


では。

さくさく。。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


こんちは!!皆さん、梅雨なのに天気がいいので、何だか得した気分

じゃありませんか、どうですかぁ?!倍得していると思いませんかぁ?!皆さん!

決して更新頻度が低い事をごまかしているんじゃありません。 笑 汗 


さて毎回言い訳している状況で大変ゴメンナサイです、本当に。

でも、クライアント様にどっぷりハマって、どっぷり考えるために本当に

必死なので自分のブログ、そっちのけになってしまっていました。


もちろん、そうは言っても毎朝、走って筋トレして半身浴してリフレッシュは

相変わらずやっていますよ。今後はゴルフのためのストレッチも取り入れようかな。



さてさて、最近、もろもろWebマーケティング実践版としてチューンナップ

している日々を過ごしておりますが、何だか「それって、違うよな?」

「勿体無いな?」「駆け引き、できてねぇーなー」って感じるんですよね。



子供の頃、クリームソーダーに入っていたサクランボやお子様ランチに

ついていた海老フライや、そうだなぁ?、ウルトラマンのスペシウム光線や

あばれはっちゃくの「ひらめけ?」(知ってる?)や宇宙戦艦ヤマトの波動砲

や水戸黄門の印籠もそうですが、凄い好きな物や、凄い効果がある物、

或いは凄い強みは、一番最後って決まっているんです。



最初から、俺は波動砲もってんだよとか、3分ギリギリじゃなくて、すぐに

スペシウム光線放っちゃ、面白くない訳です。

営業やWebコンサルティングの部分でも相当当てはまります。

「じゃ、これ上位表示させますよ!」なんて、一番の強みを言っちゃうから、

「それ以上の強みは無い訳?」とか「で、何なの?」言われちゃうんですよね。


ジャパネットタカタが最後に金額を言うのも、アントニオ猪木が四の字固めを

かけるのも、最初じゃ、驚きも感動も盛り上がりも無い訳です。



だから、考えなきゃならないのは、その最後を残しつつ、それまでの部分を

どうするか?が営業やWebコンサルティングの肝だったりすると思うんです。

もっと言うと、強みを生かす何かを真剣に考えなければ、クライアントは

相当退屈で感動もなく、不成立になるんだと思います。


若さや、勢いだけでは、これからのWeb業界は生きて行けません。

20代も30代も40代も、ある意味平等に、その駆け引きを見られているんだと

みなさんも、肝に銘じていただき、日々頑張っていただきたいと思います。


さ?て、今度はどんな感動を与えられるか、がんばるぞ?!シュワッチ!

では。

さくさく。。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


っどーも!やっぱり定期的に更新していると気分が良いですね(汗

なんだか、本当に最近忙しくバタバタあっちこっち行っておりまして。。

本当にご無沙汰してしまいまして、申し訳ございませんでした。


当然、走っていますよ!毎朝。でも、辛いですけど走った後はとても

気持ちが良く爽快な感じになります。「今日もやったるぞ?!」みたいな

感じで、本当にリフレッシュ出来ます。おススメです!



さて、先日地下鉄に乗っていて中吊り広告で東洋経済で

「広告サバイバル 電通 vs リクルート vs ヤフー」って見出しが

ありまして、「へ?面白そうだから、買ってみよう」って感じになりました。

速攻、本屋へ行ってみたら「東洋経済 完売 6/10に入ります」なんて、

メモがビジネスカテゴリーの棚にペタっと貼ってありました。

「ちっ、売り切れかぁ。」「やっぱり売れんだ?こういう話題は。。」


やっと入手を致しまして、ざぁーっと目を通してみますと、

「電通の苦闘」

「マス不振でプライド捨て、小口営業で地べたをはう」

「リクルート七変化」

「変わり続ける強者を覆うネット時代の内憂外患」

「無傷のヤフー」

「気づけば、広告の覇者、秘訣は既存媒体との共存」

まあ、4マスについては、相当ぼろかすに書いてあります。ほんと。


で、私が感じたのはやっぱり「どんぶり広告」はダメだってことですね。

完全にきめ細かい露出が超真剣なクライアントとしては求めていて、

見たかどうかわかんないTVや何冊売れたか分かんない雑誌なんて、

完全に削減方向にあり、デリケートな手法しか興味がないっていう事ですね。


そりゃ、自分で限られたお金を払うとしたら当たり前のことなんですけど、

いままではTVというスーパーメガメディアがありましたから、

許されていただけなんですね。


前にも書きましたけど、4マスをやめて広告費を削減する事が目的ではなく、

プロセスがしっかり測定できるWebやモバイルにシフトしているというのが

この不景気になって明確になっただけですから、これからはネット関連は

本当にチャンスの時代なんですね。


電通もリクルートもネットの台頭をナメてしまった事で相当な出遅れに

なってしまいましたね。これはかなり致命傷っすね。

でも、ネット業界でもデリケートにやらずに「どんぶり広告」的営業を

してしまっている上場会社も出て来ています。まさに押し売り状態。

ネットが台頭出来た理由やクライアントが求めている背景をしっかり

分析して理解出来れば結構答えは簡単なのにな?。


「不景気=売上が減る=売上を上げたい」ってことですから、デリケートに

対応してお客様の心をグッと掴めれば、きっと素敵な将来が待っている

のだと思います。


では。

さくさく
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


しっかし、時間が経つのが早い。。もう今日も終わりか?。

日が長くなったのにじっくり考えて何か作っていると、あっという間に

夜になっちゃいます。本当に集中しないと、叔父様になっちゃうなぁ。



さて、最近は自分のWebリテラシーを再確認して、さらに肉付けして、

ご相談にのれるべく、走るだけではなく、こっちもトレーニングしております。

しかし、Googleはどんどん新しいテクノロジーを投入して新しいサービスを

はじめるので、相談される側としては冷や汗もんです、マジで。

それくらい、彼らは相当みんなが真剣に市場調査をして、開発して、

動作検証して、本当に凄い集団ですよ。USAのGoogleさんたちは。


週末は、仙台に行って来ます。ネットを通じて、どんどん人の輪が広がり、

また、色々と必要とされて、それに応えて喜ばれ、また紹介され、さらに

人の輪が広がる。。こういうのは、新興系の業界はとても大切なスパイラル

だと思います。チャンスがあれば、ラウンドしてこよっと。


業界では、「あそこは、純稿は出さないよ」「成果報酬しかしないよ」

なんて言われるWeb系クライアント様は、実は評価次第で、結構出稿する

ってことが最近感じるところです。不景気って事は何とかして売上を

増やさなければならない訳ですから、そもそも、広告を出して、売上を

刈り取りたい気が満々な訳ですね!

競合もやっているから、何となく、取りあえずやってみるか、ではなくて、

相当真剣に考えている企業ばかりです、マジで。

そういう人に依存される事はかなり、快感っすよ。期待を裏切らないように

しないといけないから、こっちも超真剣っす。

おっと、こんな時間!では、行ってきます!

では。

さくさく。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


フォー!本日も元気に頑張ります!週末は東北出張なんで、今週は

本当にやること盛りだくさんです。

昨日、独立系(となった)結婚相談の某社へお邪魔しました。

お話は、超評価いただきあとはDataのやり取りでOKっすよ!ってお言葉を

いただきました。本当に嬉しい限りです。


話が終わった後に、「余談ですが・・」と切り出され、「松島さんの事、

ネット上でちょと探したんすけど、相当なご経験がある方なんですね!」

なんて、言われちゃいまして、「いや、単なるおっさんなんで・・」

って感じで謙遜致しましたが、前職CEOだった事やValueClick営業本部長

だった事を一切言わなくても、こういう風にある意味勝手にご評価

いただける事は本当に、「この業界長くやって来て大変だったけど、

本当に、よかった?」なんて感じてしまいました。

逆に、「この業界転職してから、まだ一年なんで色々と教えて下さい!」

なんて、言われちゃいました。はは。

本当に末永く○さん、よろしくお願いします!



さてさて、本日は恵比寿にある上場企業コスメ会社様と上席の方も入った

商談があります。「燃えるね?」「いいね?、この感じが?」って感じです。

「その会社でなければ、ならない何かを創る」って姿勢で楽しい商談に

できたらと思っています。

差別化のツールが、クライアントの差別化商材を磨き上げる感じっすね。

こういう瞬間のために、日々リフレッシュするためにたくさんの工夫を

してスタンバイしている訳ですから、クライアントからしてもご納得

いただけるんだと思います。二日酔いの腐った頭じゃ、こうならない!絶対。


そういえば、私の大っ嫌いな「梅雨入り」が間もなくやって来ますね。

昨年は、なんと!5月28日に関東は梅雨入りしましたが、2000年?2007年の

平均だと、6月9.25日(端数かよ!)位です。平年並みらしいので、

6月10日位には梅雨入りする訳ですね。それが終われば、夏か?。

「いいね?」「最高だね?」、そういう気持ちで今年は夏を楽しみたいと

思います。ちなみに、平年並み梅雨明けは関東は7月14日です。

おっと、梅雨に入る前に、ラウンドしないと!ヤバ


では。

さくさく。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


皆様、またまた更新しちゃいます。御無沙汰しております。

本当に、人間はムラの塊だなぁ。ってそういう責任にしちゃいけないっすね。

最近、どうっすか?豚インフルも落ち着き、近所のお祭りもどうやら無事に

やるみたいで、子供達は嬉しんじゃないかな、よかったよかった。



さて、改めて走り続けていますよ(燃 筋肉痛は全然もう大丈夫ですが、

朝はバシバシに頭の回転が良いのですが、夕方くらいになると、突然

どよ?んってだるくなって、眠くなっちゃう感じなんです。

完全に朝型人間になっちゃいましたね。おかげでお酒もあまり量を

飲まなくなって来ました。自然に減ってきたって感じです。

もうすぐ、100キロ走破っす!やったるぞー!



さて、昨日、最近仲良くしていただいている某エージェントの方と

4時間近くエステオーナー様とお打合せをさせていただいた帰りに

ちょっと、イタトマ(懐 で打ち合わせを簡単にしました。お疲れっす!



その時にお話した内容が「緊急性と重要性、さぁ?どっち?」ってやつです。

その人でなければならないような業務ではなく、とにかく緊急性が高いと

いうことで、その作業を取り組む事って当然ありますよね。

また、一番は「緊急性且つ重要性が高い」業務はとにかく誰でもやる訳です。

二番目は何なんだろう?「緊急性が高く、重要性が低い」業務か、

「緊急性は低く、重要性が高い」業務か、論点分かりますか?




業務だけではなく、ビジネスマンとして、社長としてもとても大切。

いつも、緊急性ばかり気にして、重要性はそっちのけ、って感じでは

たぶん時間が幾ら経過しても、その人は何も進化しない、或いはその企業は

何も進化、拡大、成長しないのだと思います。



では、ビジネスマンにとって、「緊急性は低く、重要性が高い」って

何なんでしょうね?「うーーーー、、わかんねぇ!!!」って人は

たくさんいると思います。「それより、こっちが緊急なんだよ!」って

なるのも、分かります。でも先を見ている人は「緊急性は低く、重要性

が高い」という事を見抜いています。



正解なんて無いと思いますが、私が感じるのは、「自分にしかできない事」

「自分でなければならない理由を作る」「自分が居なくなったら、究極の

部分で、周りは困る」意味分かりますか?



私は経営コンサルではなく、経営者ですし、実業家ですから、まさに

今の話のような事を考えて考えて「緊急性は低く、重要性が高い」事を

ロジカルに纏め、「自分にしかできない事」「自分の会社でなければ

ならない理由を探す」「自分の会社が世の中からなくなったら、皆が

困ってしまう状態」を創造し、先を見てやってきました。



ちょっと誤解が生じるかも知れませんので、追記しますと、皆を困らせる

ために、事業を立ち上げる経営者はいませんから、んー、究極的な言い方

なんですよね。

例えば、GMさんが破たんしましたが、ホンダやトヨタが今まで突然、

居なくなってしまったら、皆困りますよね?そういう存在意義というか、

差別化という部分の事を言っています。




ちなみに、皆で集まって、「一発当てたろうか!」ってノリで、

「その会社でなければならない理由」が全くない状態でいくらガンバっても

私が言っている「緊急性は低く、重要性が高い」という事を考える状態には

ならないです。なぜなら、その人たちが居なくなっても、その人たちで

なければならない理由が特になければ、代わりの人がたくさん居るからです。

単なる「一発屋集団」みたいな、自分たちが単に稼ぎたいから大騒ぎして

いただけの状態なのです。これは、いくらガンバっても、いくら努力しても

いくら祈っても、絶対に代わりません。



良くこの店どうやって儲けているんだろうって商店とか、会社とか

ありますよね。あーいうのは、まさにそのお店、会社でなければならない

理由を探す事を完全に放棄し、ただ毎日、店頭に商品並べて、帳簿付けて、

時間になったら帰る、みたいな感じです。例え24時間やってもダメでしょう。




って事で、久々更新して偉そうな事言ってんな!って怒られそうなので

この編にしておきますが、「その会社でなければならない理由」を考える

事が出来る人はクライアントにもそういう視点で、そのクライアントで

なければならない理由をしっかり考えて、創ってあげる事が出来るはずです。




ちなみに、現在の私が、果たして「松島でなければならない理由」

「松島が居なくなったら、皆が困る」という状態なのかどうかは、秘密です。



PS 私の尊敬する大先輩も言っていましたが、あの、「世襲制限」って

  バカな話、何なんですかね?親の影響を受けている人は選挙に出れない

  って、逆に問題じゃないっすか?嫌だったら、選挙やるんだから、投票

  しなきゃいいだけじゃないでしょうか?

  そもそも、親の影響を大なり小なり受けている訳ですし、そう影響が

  ない人なんか、世の中、いる訳ないしー。

  勝負すんなら、政策と選挙戦略で勝負でしょう。

  たくさんの重要な法案決めずに、バカな議論してる国会議員の方が

  問題だと思うな。そういう代議士こそ、選挙で正当な裁定を受ける

  べきなんじゃないでしょうか?ったく、腹立つ!


では。

さくさく。。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ