アトリビューションを核にしたネット広告代理店をやっています

「エッジ」の 効いたことをツラツラ&さくさく考えて参ります。 最近はFacebook(フェイスブック)・ツイッターの使い方もコンサルしてます! キャッシング比較のサイトやメディア事業も100サイトを越えました! SEOの本質も常に検証しながら、クライアント様にご提供しています。

September 2009


皆さん、お元気ですか?実はちょっと前に食当たりしちゃいまして

上から下から、もう大変でした・・。最後は極度の脱水症状で

意識が朦朧となり、体温が35度を切り指先が冷たくなるわ、

唇は青くなるわ、二日間で体重が6キロ落ちるわ・・大変でした。

普段、病気とかそういうのに縁がないので、こうなって気がつくことが

たくさんあります。健康は本当に大切だと今月は気が着かされました。


さて、今月も終わりですね。春だ、梅雨だ、夏だと大騒ぎしてましたが、

今年もやっぱり秋になり、あと三かげつで終了ですよ?本当に。

昨年から自分にとっては大変激変の時期になり、かみしめて過ごして

参りましたが、その代わり大変チューンナップ出来た一年になりました。


自分で使う時間を取り戻し、自分で考え自分で行動し、改めて

自分で出来ること、出来ないことの整理もつけることが出来ました。

今年はどんな年でしたか?と聞かれた時、一言で正直に答えられる

ように、これからの素敵な季節である秋を楽しみながら、過ごして

行けたらと思います。


群れる事は人間にとってとても大切な習性ですが、そうしければ

ならないかと言えば、そんな事も無いのだと思います。

自分の努力や行動に直撃する利益は、本当に尊いものだと思いますし、

本当に嬉しく遣り甲斐を感じます。勇気を出して、誰のせいにもせず、

繰り出すのもとても良いことです。


自問自答しながら、自分自身に正直に進化したいと思った月でした♪


では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

数値大好きなのは前からですが、マーケティングをビジネスにしている

都合上、やっぱり気になるんですよね・・。

ちょっと世間話的な話が多くなって来たので、少し本来の専門性を

意識した記事も書いてみようって気分でございます。


ん?最近ちょっと思うのは、これは相当前から言われているのですが、

(何分この業界は知ったか系が多いので、厳密に理解出来ていないケースが

大変多い)オーガニック(検索結果を叩いて流入)とSEM(リスティング広告

を叩いて流入)の成果に向けての効率の差が、相当あるって事っす。


「そりゃ、そうだろ」って言う人ばかりなのは、分かるんですが、

「じゃ、どれくらい違うのか、知ってますか?」って事を知っている

人はほぼ皆無。で、どれくらい違うか・・・。

オーガニック:SEM=5:1です。

当然ですが検索エンジンの種類や

業種やシーズン性なども変数として捉える必要はありますが・・。


では、これでどんな事が言えるのか?

まぁ?そうっすね。。まず、ユーザーはSEM広告をかなり見破っている。

「どっちらけ」(※超しらけている)って感じかな。

また、オーガニックの対策をとにかくやらないと、5を捨てて1を取る事

になってしまう。。


少なくとも、どれが広告のテキストでどれがオーガニックのテキスト

であるのかは、ユーザー自体瞬時に判断が出来るようになって来た

って事は言えますよね。SEMは前から言われていますが、ちょっと終焉

ぽい感じが満々っすね。


未知の世界であったり、机上の空論が中々成立しにくい所も多々あり、

遣り甲斐もあり、大はずれもあり、常に専門性という視点で追及して

いかなければ、本質は判らないって事ですよね?。


P.S. って事で来月からは、ちょっとWebマーケティング的な内容を

   少し充実しつつ、たそがれたコメント何かもしていきたいと
  
   考えております。もう、このブログも6年目っすから、少し

   考えて書かなきゃな・・。

   昔と比べても、ネットを利用している時間が延びているって

   ことですから、そりゃ、何度でも検索し直し出来る時間がある

   訳ですよね。前は、検索して即サイトに飛んで、アクション
  
   するってのも、今じゃ、そんな単純なケースは少なくなって

   いるはずでしょ。単純じゃなく、複雑なパターンにどうやって

   対応していくのか、考えないといけませんね。


では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

100を超えるダム工事(これから、継続中含む)が数百億円以上の

規模で施工されているという記事をみました。

数百億円×100か所以上=数兆円の予算がそこに配分されている!

また、その工事を請けている都道府県や市町村の責任者の発言も

テレビで見たりしました。

これって、誰が決めてるんすかね・・。どっかの町長が「勝手に民主党が

ダム工事を中止させるなんて、そんなことさせない!」って言って

ましたが、何だか前後っていうか、何かが逆になっているように

感じてなりませんね。「俺らのダム工事」「俺らのダム工事による給料」

そんな発想通用するんでしょうかね・・。


地方の財政事情は大変と以前の夕張市とかの破たんとかのニュースを

聞いて、色々と考えたりはしますが、「俺らのダム工事」で飯食うぞって

なんだか、違うじゃないでしょうか?

その町長さんが、「これから頑張って陳情して・・」なんて言って

ましたが、結局陳情する先は民主党連合ですからね・・。


今までの日本の仕組みで成り立っている(靠れかかっている)のでは、

これからはやっていけないんだと思います。ソニーも10年前から

株価を比較すると10%に下落していますし、金融も不動産もバランスは

大きく変わって来ています。


肝になる何かを探り出すのは大変だけど、そのために大変な思いを

しなければ、易々と壊れてしまうんだと思います。

肝になる何かって、各自違いますが、それをこの一年間ずっと

考えています。「俺らのダム工事」ってそんな考えはみっとも無いな。


「俺らのための会社」「俺らのための取引先」「俺らのための事業部」

「俺らのための従業員」・・考えるとみっとも無い事はたくさん

あるような気がしますね。「俺らのための」が「皆のための」に

たまには変えて考えないといけないのかも知れません。


PS.のりぴーが出所しましたね。伝わった部分と伝わらない部分の

 両面を記者会見を見て感じました。女優でもある彼女ですから、
 
 表情や涙はどうしても信用できませんが、せめて自分の言葉で話す

 瞬間があったら良かったとも感じました。

 意思表示して相手に伝えるには、言葉(=話す)はとても大切
 
 なのになぁ?と思っちゃいました。


PS.自民党総裁選って、何だか陳腐に見えてしまうのは自分だけ

  なんだろうか?小選挙区で負けて比例で復活ってパターンの代議士

  が多く、「老人政党」に見えてしまうんですが、どうですか?

  このタイミングで思いっきり若い政党に生まれ変わる位しないと

  今度の参議院選挙は、もっと大変な事になるだろうし、

  またその責任を問われる事になるのにな。。


では。

さくさく。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いやいや?毎度すいませんが、ごめんなさい。

更新大幅に出来ていなくて、大反省です。ほんと、すいません。。

もう9月も半分消化っすね。次は、今年も終わりですねなんて言って

るんだろうな?。しっかり刻んで行きましょうね!


さてさて、我ら日本の野球リーダーのイチローくん、やりましたね。

CMでもそうだけど、毎日コツコツ積み上げるしかない・・なんて

普通に言っていますが、本当にやり続けている彼は凄すぎです。


数年でいろいろな社会価値というかトレンドが変わっている中で、

当初掲げた事をシンプルに多角化せず、やり続ける・・。ん?。

私たちの業界にも必要です、こういう考え方。


皆さんもそうかも知れませんが、彼を通して、自分はどうなんだろう

って心の中で呟いたりすると思うですよね。また、彼を見て元気や

勇気を貰ったなんていう人もたくさんいると思うですよね。

やっぱり、現役プレイヤーがもっとも輝いて素晴らしいもんです。

たくさんの影響を与えられるパワーを持っています。

プレイヤー=実業家です。何が出来るのか?これからも考え続け

シンプルに継続させていきたいと思います。(何かは秘密です☆)


でも、間もなく民主党の政権もスタートするし、大好きな秋真っ盛り

になるし、この感じを少し楽しみたいですね。

ちょっと、洋服を羽織りたい位の温度感が本当に好きです。

日本は四季があって、紅葉とかも本当に美しいしね。

JR西日本のCMじゃないけど、「秋=京都に行こう」なんて感じで、

家内とちょっくら行ってこようかなぁ?。おっさんなのかなぁ・・。

秋の軽井沢もいいんだよな?。行きたい所はいっぱいだな。



では。

さくさく。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ